Art×学校×支援! アートの力がつなぐ笑顔。 アートの力で生まれる絆。  Wall Art Festival http://wafes.net/

Slideshow Image 5 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 8 Slideshow Image 9 Slideshow Image 10 Slideshow Image 11 Slideshow Image 12 Slideshow Image 13 Slideshow Image 14 Slideshow Image 15 Slideshow Image 16 Slideshow Image 17 Slideshow Image 18 Slideshow Image 19 Slideshow Image 20 Slideshow Image 21 Slideshow Image 22 Slideshow Image 23 Slideshow Image 24 Slideshow Image 25 Slideshow Image 26 Slideshow Image 27 Slideshow Image 28 Slideshow Image 29 Slideshow Image 30 Slideshow Image 31 Slideshow Image 32 Slideshow Image 33 Slideshow Image 34 Slideshow Image 35 Slideshow Image 36 Slideshow Image 37 Slideshow Image 38 Slideshow Image 39 Slideshow Image 40 Slideshow Image 41 Slideshow Image 42 Slideshow Image 43 Slideshow Image 44

主催 Organizer: Wall Art Project
問合せ contact: info@wafes.net

        

アースアートプロジェクト in ラダック 2017
2017. 7. 15. - 8. 7.

 blanc

2017年夏、標高3600mの学校で一緒に芸術祭をつくりあげるボランティア、募集中です!
詳細はこちら

ウォールアートプロジェクト2016年度のサポーター募集中。

日本から「支援」で参加するボランティアの第一歩。詳細はこちら

Grants & Sponsors
(WAF2016)

2016. 11.18
EKTA 〜ひとつ〜創刊号 発売!
ノコプロジェクト オフィシャルマガジン

2016年9月にワルリ族の村で開催された
「第1回世界森会議/Global Forest Meeting」。

アーティスト、ファーマー、水ジャーナリスト、音楽家、企業人、そして、ワルリ族の人々など、多様な人々が集い大地の力を感じ取りながら、人間と森、水、土、微生物など自然の様々なものたちとの関係性や、農業のあり方を話し合いました。地球ひとつで生きていく方向を模索するためのヒントとなるスピーチ8本を掲載。

B5変形サイズ フルカラー 32ページ
価格 500円+税
こちらから購入できます。  blanc


Wall art Festivalって?

まっ白な壁があったら、絵を描きたくなるのは人情。
でも、やってはいけないことを知っているからやらないけど。
まっ白な壁が学校の壁で、そしてそこに思いきり描いていいんだよってことになったら・・・
それって、なんだかとてもワクワクする!
インドと日本からのふたりのアーティストがふたつの教室の壁をめいっぱい使ってセッションするウォールアート・フェス。
アーティストも観客も夢中になれる芸術祭。
その「夢中性」こそ命。
壁は売れない
残らないし、残さない
けれど、描くその瞬間、消すその瞬間のスパークは、永遠に刻まれる。
その場所が、ひとつのパワースポットになる。
そのままこぎれいな美術館に陳列される可能性など決してないアートの祭典。


about "Wall Art Festival"

If there is a white wall, the desire to draw is in the nature of everyone who sees…
However, people don't because they know that it is mischievous.
But, if the white wall is the school's, and they were allowed to draw to their heart's content….it's so exciting!!
In Wall Art Festival, two artists, one from India, the other from Japan,
will each draw on the majority of the wall in two separate classrooms, in one session.
An Art Festival where both the artist and audience can be absorbed…
The enthusiasm of the artist and the audience will be at the heart of this Festival.
The wall cannot be sold.
The picture won't be left, remaining for only short time.
However, the spark of the moment at drawing and at erasing will live on forever.
On February, 2013, Ganjad village, Maharashtra India will be a day of inspiration for all involved.
A festival of art that has no possibility to be exhibited in a museum as it is. It is unique….